第47回全国みなと同名LC年次大会 2018.5.17(木)18(金)19(土)横浜みなと-馬車道LC 横浜ローズホテル

錨を上げて

錨  全国みなと同名ライオンズクラブが錨を上げたのは、1972年(昭和47年)6月2日、横浜みなとライオンズクラブより発案があり、横浜陽華楼に於いて、長崎、四日市、名古屋、富山、小樽、釧路、留萌、横浜のみなと8クラブの代表が一同に会し、全国みなと同名締結式を行って以来、今年で47年になります。

全国みなと同名LC年次大会㏌横浜みなと-馬車道

 2018年(H30年) 5月17日(木)18日(金)19日(土)神奈川県横浜市の馬車道の地【 「馬車道」 の地名の由来は、貿易のため横浜港が開かれ、関内に外国人居留地が置かれた。その関内地域と横浜港を結ぶ道路のうちの1つとして1868年に開通した道で、外国人がこの道を馬車で往来しており、当時の人々にその姿は非常に珍しく、「異人馬車」 などと呼んでいたことから、この道は 「馬車道」 と呼ばれるようになった。また、横浜における馬車道の名称は、地元市民の定着した伝統的な通称としての地名であり、商店街の名称であるが、行政上の正式な町名ではありません。】 で、横浜みなと-馬車道LCは2014年横浜みなとLCと合併、さらに横浜みなと洋光台LCとも合併し、2018年5月「横浜みなと-馬車道LC」結成50年の記念式典に合わせ、第47回 全国みなと同名LC年次大会が開催されました。
  四日市みなとLCからは、同名委員長 L.森寺義治、同副委員長 L.稲垣 昭ご夫妻、同L.梅田次男ご夫妻、L.河北宗喜ご夫妻、L.大塚代七をはじめ、総勢8名が参加しました。
  5月17日(木)午後6時より「ホテル横浜ガーデン」で前夜祭が開催され、翌18日(金)には記念ゴルフ大会が名門、戸塚カントリー俱楽部で開催、その日の午後5時30分から横浜みなと-馬車道LC、結成50年記念式典が「横浜ローズホテル」で、神奈川県知事 黒岩祐治 様をはじめ、多数のご来賓、ライオンズ関係者をお招きして開催されました。
  翌日の19日(土)には、第47回 全国みなと同名LC年次大会が開催され、午前11時より「横浜ローズホテル」で代表者会議が開かれ、12時からは、ご来賓として横浜市 副市長 小林一美 様をお招きして、全国みなと同名LC年次大会式典と祝宴が開催されました。また、祝宴では全国の同名クラブから持ち寄った品々がオークションにかけられ、我先にと買い求めていました。
  代表者会議では、6年先までのホストクラブの決定確認、第54回開催地の候補に関する件と、神戸みなとLC、大阪港LCへの参加打診などが審議事項に上程されました。4年後の第51回全国みなと同名LC年次大会は四日市みなとLCがホストを務め2022年に四日市市で開催されます。

2019年 第48回 釧路みなとライオンズクラブ・・・・・・・・(決定)
2020年 第49回 酒田みなとライオンズクラブ・・・・・・・・(決定)
2021年 第50回 横浜みなとみらいライオンズクラブ・・ (決定)
2022年 第51回 四日市みなとライオンズクラブ・・・・・ (決定)
2023年 第52回 豊橋みなとライオンズクラブ・・・・・・・・ (決定)
2024年 第53回 長崎みなとライオンズクラブ・・・・・・・・ (決定)

・2025年 第54回開催クラブ候補に関する件
・神戸みなとライオンズクラブへの同名参加打診の件
・大阪港ライオンズクラブへの同名参加打診の件

(写真左)横浜みらい地区 (写真右)馬車道通り

第47回全国みなと同名LC年次大会
代表者会議の様子

第47回全国みなと同名LC年次大会の
開会宣言

第47回全国みなと同名LC年次大会 式典風景

同名LC年次大会祝宴、懇親会

同名LC年次大会前夜祭での四日市みなとLCのメンバー

祝宴のマジックショーで参加者が
マジックの腕前を競い合い、
L.梅田次男の奥さんが優勝

オークションでハッピを着て
「三重の寒梅」を販売、すぐに完売

錨の引き継ぎ、横浜みなと-馬車道LCから
釧路みなとLCへ

第48回全国みなと同名LC年次大会開催の
釧路みなとLCのPR
2019年6月21日(金)・22日(土)開催

(写真左)戸塚カントリー倶楽部 (写真右)戸塚CCのスタートホールでの記念写真

バックナンバー

第46回全国年次大会へ
第45回全国年次大会へ
第44回全国年次大会へ
第43回全国年次大会へ

↑ページTOPへ